• 工学系技術センター
  • ワークショップ

[職場紹介] 工学系教育研究センター

(2012年3月 1日執筆)
ホームページURL: http://labs.eng.hokudai.ac.jp/ceed/
tatsumi_ceed_02.jpg  *工学系教育研究センター:工学系教育研究センターは工学院、情報科学研究科及び総合化学院(工学系)の大学院学生に、専攻、研究室の枠を超えた、より実践的な教育プログラムを提供するため設置されました。3部門で構成されており、それぞれ独自の学生支援を行っています。
 ・産学連携教育プログラム開発部:インターンシップに関する支援を行っています。インターンシップの派遣及び受け入れについての事務手続き、インターンシップ時の往復旅費、または滞在費を負担しています。また、企業の方を講師として招き、特別講義を行っています。
 ・国際性啓発教育プログラム開発部:学生の英語学習に関する支援を行っています。TOEIC講座、英会話講座を開設し、講座費用の一部を負担しています。また、留学生との交流イベントの活動費を負担しています。
 ・社会人教育プログラム開発部:eラーニングによる学生の遠隔学習の支援を行っています。主に通学が困難な社会人博士向けに、大学院授業を収録、編集しています。完成したコンテンツをサーバにアップロードし、視聴を希望する学生にシステムのIDを配布しています。

<質問1 勤続年数を教えてください>
 3年目です。
<質問2 普段どのような仕事をしているか教えてください>
 eラーニングコンテンツの製作、運用をしています。また、工学系教育研究センターが所有しているサーバの保守管理等をしています。
<質問3 仕事でやりがいを感じる時はどんな時ですか?>
 製作したコンテンツをたくさんの学生に見てもらって、勉学の助けとなった時。
<質問4 逆に仕事をしていて苦しかったことはありますか?>
 機材やサーバ、PC、ネットワーク等のトラブル対応時に、なかなか原因特定が出来ない、解決方法が見つからない時です。焦ります。
<質問5 仕事に行き詰った際の気分転換の方法を教えてください>
 事務室の人とたわいもない話をすること。
<質問6 この職場に決めたきっかけは?>
 大学在籍時に、機会があって技術職員の方とお話をしたり作業をしたりすることが多く、こんな仕事をしてみたいと思ったからです。
<質問7 北大に勤務してからの一番の思い出はなんですか?>
 職場を通していろいろな人に出会えたことです。みんな個性的で面白い職場です。
<質問8 あなたが感じる北大の印象は?>
 自然豊かだなと感じます。大野池のカモの餌やりが楽しいです。
<質問9 今後の夢や目標はありますか?>
 周りの人から頼られる職員になりたいです。