• 工学系技術センター
  • ワークショップ

[職場紹介] 情報エレクトロニクス学科 電気電子工学コース

(2015年4月 1日執筆)
ホームページURL: http://www.eng.hokudai.ac.jp/course/?c=2020
denkidenshi.jpg情報エレクトロニクス学科電気電子工学コースは、電気電子工学の基礎から応用までを幅広く学ぶコースです。電磁気学、量子力学、電気回路など基礎的なものから、材料・物性工学、半導体デバイス工学、集積回路・システム工学、光工学、通信工学まで多彩な専門科目を学びます。

技術職員が現在関わっている学生実験にも20を超える多様なテーマが用意されており、講義で学んだ様々な理論を実践で確かめられるようになっています。平成26年4月の情報エレクトロニクス学科改編に伴い、「電子情報コース」から現在の名称に変更され、カリキュラムも新しくなりました。既存の科目の改良および電気工学に関する科目の新設により、情報技術の急速な進化に対応した、より広範かつ実用的な内容を学ぶことができる構成になっています。

このカリキュラムの下、「集積ハードウェア」「電子・光を用いた新機能デバイス」「次世代量子処理」をキーワードとした教育・研究を推進し、身の回りの環境で役立つ次世代エレクトロニクスを創出するための幅広い知識と応用技術を身に付けた、エレクトロニクスの専門家を育成しています。

<質問1 勤続年数を教えてください>
 2年です。
<質問2 普段どのような仕事をしているか教えてください>
 主に、学生実験の補助(使用する器具および装置の管理、事前準備、実験中の支援など)と研究室で行われる実験を援助するための装置開発を行っています。
<質問3 仕事でやりがいを感じる時はどんな時ですか?>
 役に立っていることや、自分の能力が向上していることを実感できる時です。
<質問4 逆に仕事をしていて苦しかったことはありますか?>
 ありません。常に難しいとは感じていますが、それが苦にはなっていません。
<質問5 仕事に行き詰った際の気分転換の方法を教えてください>
 一旦その仕事を止めて、別の仕事をします。
<質問6 この職場に決めたきっかけは?>
 在学中にお世話になった北大に少しでも恩返しができれば、と考えたことです。
<質問7 北大に勤務してからの一番の思い出はなんですか?>
 配属当初、右も左も分からなかった私を先輩方が支えてくださったことです。
<質問8 あなたが感じる北大の印象は?>
 「長閑でありながらも先端的」という印象です。
<質問9 今後の夢や目標はありますか?>
 派遣先から「この人が来てくれて良かった」と思って頂くことが目標です。夢は自然現象(特に電子が関わる現象)を理論的に理解できるようになることで、技術職員としての勤務経験もその一助になれば良いなと思っています。