• 工学系技術センター
  • ワークショップ

[職場紹介] 環境循環システム部門

(2015年4月 1日執筆)
ホームページURL: http://www.eng.hokudai.ac.jp/graduate/faculty/?d=41#fe
kankyouzyunnkann.jpg環境循環システム部門では、幅広い工学基礎教育をベースに、社会の中の資源の流れや環境問題についてさまざまな角度から教育を行っています。人間が地球環境との調和を保ちながら豊かで住みよい生活を営み、種々の生産活動や社会活動を行うための「循環型社会」で求められる創造性豊かな自立した技術者・研究者の育成に努めています。

 主な研究内容としては、放射性廃棄物の地層処分に関する安全評価や、放射性核種吸着材の検討など廃棄物処理に関すること、鉱山における環境についての研究、セメントの物性や化学反応の解析、プラスチックやコンクリート・電池などの廃棄物のリサイクルなどに取り組んでいます。

学生が研究に用いる装置については、部門内研究室間での機器貸し出しが当たり前のように行われており、力学的アプローチから微細組織、イオンに至るまでのさまざまな実験を学生間で協力しつつ昼夜を問わず研究に励んでいます。代表的な例としては、XRDやゼータ電位計、熱分析装置などがあります。

<質問1 勤続年数を教えてください>
 2年です。
<質問2 普段どのような仕事をしているか教えてください>
 依頼された内容について実験・データ解析などを行い、その成果を学会で発表したりしています。また、自分が良く使う機器については学生さんに使い方の指導を行ったりもしています。
<質問3 仕事でやりがいを感じる時はどんな時ですか?>
 学生さんにありがとうと言われるとき。
<質問4 逆に仕事をしていて苦しかったことはありますか?>
 前例のない、誰も教えてくれないことをやる仕事ですので、大変なことばかりです。一生懸命に取り組んだことが無駄になった時は憮然とします。
<質問5 仕事に行き詰った際の気分転換の方法を教えてください>
 家に帰ってお菓子を作ります。ときどき、他の職員さんたちと一緒に食べながらお話をしたりしています。
<質問6 この職場に決めたきっかけは?>
 直接的に人のためになるような仕事がしたかったため。
<質問7 北大に勤務してからの一番の思い出はなんですか?>
 この派遣先に着任した当初からお世話になっていた院生さんの修了です。
<質問8 あなたが感じる北大の印象は?>
 やるときはやるけれど、やらないときは本当にやらない。
<質問9 今後の夢や目標はありますか?>
 人の役に立てる仕事をすることです。