• 工学系技術センター
  • ワークショップ

センター長挨拶

igarashi.jpg
平成29年4月1日
センター長 五十嵐 敏文

 平成29年4月より工学系技術センター長を担当する五十嵐です。専門は、環境地盤工学で、土壌・地下水汚染の評価と対策、鉱山跡地の環境修復などの研究に従事しています。

 平成20年に工学系技術センターが設置され、平成22年度から工学系ワークショップが開設され、工学系技術センターは工学研究院、情報科学研究科、工学部を支援する重要な役割を担ってきています。

 最近は高性能の設備の使用と維持管理、情報管理、教育支援など、従来よりも広範な業務に対応する必要性が生じています。一方で、全学的な組織への移行も検討され始めており、技術職員のいっそうの技術向上が求められるようになってきました。このような状況の中で、技術職員が安心して、有意義な業務に従事できるよう、情報交換、環境整備を含めた職場環境の向上に努めていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。