技術部

平成29年度 工学系技術センター技術部研修を開催

工学系技術センターでは、9月11日(月)から12日(火)に、平成29年度北海道大学大学院工学研究院工学系技術センター技術部研修を開催しました。

この研修は、本センター所属の技術職員を対象に、職務に関する必要な知識と技術等を広く習得し、技術職員間の相互理解や技術交流を深めるため毎年行っているものです。

今年度は44名が参加し、講演、実習研修及び見学研修を行いました。

初日は、大久保賢二技術部長による挨拶の後、本センターのセンター長でもある工学研究院の五十嵐敏文教授による講演「北海道新幹線と建設残土対策」を聴講しました。

その後行われた実習研修は、本センター所属の技術職員に講師をお願いし、中鉢健太技術専門職員と大沼舞技術職員による「機械製図とCADとCAM」、太田隆夫嘱託職員による「ガラス工作」、片岡良美技術職員による「Adobe Illustrator/Photoshop実習」の3つのテーマを用意しました。参加者はグループに分かれて、それぞれ端末及び機器の操作や実演の見学を行いました。初日のプログラム終了後には懇親会が行われ、お互いの業務について語り合い親睦を深めました。

2日目は、石狩市の北海道ガス株式会社石狩LNG基地において、LNG巨大タンクや都市ガス製造工場の設備を間近で見学しました。

PRセンターでの展示や体験型プログラムを通じて社会を支えるエネルギーの今と未来について学び、全日程を終了しました。

本研修を通して普段の業務では得られない様々な知見や情報を得ることができ、事後アンケートにおける参加者の満足度も高く有意義な研修となりました。

五十嵐センター長による講演
実習研修「機械製図とCADとCAM」
実習研修「ガラス工作」
実習研修「Adobe Illustrator/Photoshop実習」
実習研修「Adobe Illustrator/Photoshop実習」
石狩LNG 基地見学
石狩LNG 基地見学